相続税率について

皆さんは税金と聞くとどんな税金を思い浮かべるでしょうか。

消費税の増税などがニュースでも取り上げられることが多いので消費税を思い浮かべる人もいるかもしれません。

その他にもガソリン税や、酒税、所得税など様々な種類の税金があります。

今回は数ある税金の中でも相続税に焦点をあててお話をしたいと思います。

相続税と聞いて皆さんはどのようなことを思い浮かべるでしょうか。

相続税と言うと相続の時にかかる税金だということはご存知の方が多いでしょう。

しかし実際にどれくらいの税率なのかや何に対して課税されるのかなどの細かい部分までは知らないという人がほとんどではないでしょうか。

そこでここではまず相続税とはどのような税金であるのかということや何に対して課税されるのか、その対策はどのようにしたらよいのかということについて項目ごとに紹介していきます。

さてまず相続税ですが、死亡が原因となって相続が起こります。

相続というのは遺産という言葉でよく表わされますが、負の遺産、つまり借金についても相続されます。

そのため負の遺産が多い場合には相続放棄などの方法がとられる場合もあるのです。

相続税は富の再分配という思想のもとに課せられている税金です。

PRサイト 相続税について知る